« アーチ枠 | トップページ | 和室 サッシ枠について »

2013年1月22日 (火)

最近の和室

こんにちは

今日は、最近よく見る和室の写真の載せてみます。

和~洋間の枠材をメーカーの既製品

で納めているのをよく見ます。

(私自信は白木枠の戸襖であってほしいと

思うのですが・・・・)

その時のよく注文いただく部材が

フロアー見切りの畳寄せ、または

敷居の部材の依頼をいただいております。

Photo_6 私がすすめている納め方を紹介します。      

洋間側は立枠のラインが敷居のライン

で和室側は畳寄せと兼用した下枠で

ケーシングを敷居の上にのせて納めます。

洋間側のケーシングはフロアーの上にのせ

るように納めます。Photo_8

敷居はフロアー色に塗装していますので

建具を閉めた時に洋間側からみて違和感

がないような仕上がりになります。

和室側の敷居でフラットレールまでの巾に

敷居をいれる方法もあると思います。但し、畳寄せの厚みプラス、フラットレールまでの

寸法を計算する必要があります。

和室側までフロアーを貼り込んで、畳寄せで見切るのみ

但し、この方法は和室側からみて建具を閉めた場合に畳寄せ・フロアー・フラットレール

になりますのでフロアーの色が濃いい場合は目立つ場合がございます。

いろんな納め方がございますので、お困りの際はご提案させてください。

Photo_9

« アーチ枠 | トップページ | 和室 サッシ枠について »

和室」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近の和室:

« アーチ枠 | トップページ | 和室 サッシ枠について »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ