« 雨ばかり… | トップページ | ウレタン塗装 »

2014年8月21日 (木)

広島に住む人として

皆さまもご存知の通り、広島市において大きな土砂災害が発生いたしました。

8月19日夜から深夜にかけて局地的に大雨が降りました。

その頃私は、会社でまだ仕事をしていました。20時頃だったかと思います。

発生頻度の高い雷を伴う雨で、会社の屋根を叩く音が一段と大きかったのです。

仕事を終えて自宅に帰ってからゆっくりし、うたた寝から起きたのが午前1時30分。

雷雨がさらに激しくなり、山間部方向は厚い雲に覆われていました。

雷光が眩しくてなかなか寝付けずにいました。

それほど激しい雷雨だったのを憶えています。

当初、土石流や地すべりなど想像もしておらず、河川の氾濫が心配で、両親や兄家族の

安否を心配しておりました。


一夜明けて雨も落ち着き、ニュースで事の重大さを知りました。

私の住んでいる地域から車で10分程の地域に土石流が発生していたのです。

仕事をしながらもその事が気になって仕方がありませんでした。

九州の友人からもニュースで住所を聞いて、心配になったと言って連絡を頂きました。




遠く離れている人からも連絡を頂けているのですが、近くにいる私は被災地に対して

何もできない何をしたらいいか分からない、どうしよう、なにもできない。

こんな思いでいますが、結局何もできないのだろうかと。。。ただただ思うばかりです。



今回に災害で広島の地質の特徴や、土砂災害発生危険区域が全国一位だということを

はじめ、過去におきた災害を改めて知ることとなりました。



広島に住む人として、今何ができるのか、今何をするべきなのか、これから何を

しなくてはならないのか、風化させないために何が必要なのか、

広島に住む人として考えなければいけないことがあるように思います。



最後に
これ以上被害がひろがらないように、お祈りいたします。

今回被害に遭われた方々に心よりご冥福をお祈りいたします。

« 雨ばかり… | トップページ | ウレタン塗装 »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島に住む人として:

« 雨ばかり… | トップページ | ウレタン塗装 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ