« 遊び心 | トップページ | シルバーウィークって、SWって略すのでしょうか? »

2015年4月27日 (月)

懐かしい でも大切なもの

中田です。


先日大阪へ出張したときに、新大阪駅にて懐かしいものを見つけました。


Photo

ホームに寂しく佇む公衆電話です。

行きの新幹線の中で、ご老人が公衆電話を探していた様子。
電話のある車両とは反対に来たみたいでした。

困ったのか、ずうずうしいのか出入口付近にいた男性に携帯電話を借りて
電話していました。
通話が終わると電話代を渡そうとお金を取り出していましたが、
男性は受け取らず。
しつこく渡そうとしていましたが、男性はそそくさと去っていきました。
せっかくの好意を台無しにしてしまいそうなしつこさでした。

携帯電話の普及と通話範囲の拡大で、固定電話すら無い時代です。
公衆電話はなおさら不要な製品でしょうか?
なんか寂しく感じます。

私がまだ高校生の頃、ポケットベルが流行っておりまして、
公衆電話を取り合って、暗号のような数字文字を連打しておりました。
早く打てることが凄いと称された時代でした。
今思うとバカだな~と感じます。

それと、公衆電話から携帯電話に電話するときは常にドキドキしていました。
テレホンカードの度数が現在の高速エレベーターのように数字が減っていき、
10円玉がお釣りが出てくるかのごとくガシャンガシャンと吸い込まれていく。
現代のように無駄話をせず、要件だけ伝えてすぐに切っていた気がします。
携帯電話の普及がもう少し後だったら、伝えるチカラがもう少し身についていたのかも。

そんな公衆電話が生み出した時代を、懐かしい事を思い出させてくれた一日でした。

« 遊び心 | トップページ | シルバーウィークって、SWって略すのでしょうか? »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい でも大切なもの:

« 遊び心 | トップページ | シルバーウィークって、SWって略すのでしょうか? »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ