カウンター・家具材

2014年2月24日 (月)

加工品のご紹介

営業の中田です。


今回は前回に続いて格子造作のご紹介です。


前回は部材を組立てて完成品としていましたが、


今回は形状や重量で運送上都合が悪く、


完成品としてお届けできない場合に使う加工法です。


家具など色々な所で目にするので馴染みがあるかと思います。

Photo


縦板と横板の同じ位置にダボ穴をあけていますので、


穴の大きさに合わせた丸棒を差し込んで、縦横を


組み立てます。現場にて接着剤を穴に差し込めば良い状態に


してありますので、大変楽に施工ができるはずです。


実際に使用して頂いているお客様からも、便利で簡単だから


助かっています。というお言葉を頂戴しました。


嬉しい限りです。


巾広の材料も出来ますので、まずはご相談下さいませ。

2014年1月17日 (金)

エコムク製品

営業の中田です。

いつかは紹介したかったものをやっと載せることができました。


Photo_3


我が家のミニテーブルです。

弊社製品のエコムク・ホワイトオーク(ワイド)です。

自然塗料のクリアを塗っています。

私的には床の色柄とあっているので大好きなのですが、

サイズが300㎜角の天板サイズなので、妻からは使い勝手が悪いそうで、

既にぬいぐるみ置き場になっています。


木柄が板目で好き嫌いがハッキリするとは思いますが、

エコムク・ワイドはお奨めです。


何かの機会に是非ともご検討お願い致します。


格子

営業の中田です。


私の担当しているお客様にて度々製作するものがありますので、ご紹介致します。


Photo


巾160前後の材料を飾り棚のように組み立てています。

工場の機械にて間隔の位置決めをしますし、熟練のスタッフが

丁寧に組上げていくので、均等に空間があるのも魅力のひとつです。


壁の一部のアクセントとしていかがでしょうか。

2013年7月11日 (木)

テーブル4

こんにちは

今日も外は非常に暑くなっています

熱中症には気を付けましょう。

今日は、やっとテーブルの納材になりましたので写真をアップ致します。

下の写真は納材前のお店の写真です。

13

4人テーブルをふたつ並べて使用していました。

古くなったためテーブルの脚もぐらついていたのと

塗装も薄くなっておりました。

そこで、やっとエコムク テーブルの登場です

10

16

(テーブルシート取り付け後の写真)

17

すごくいい感じになりました

今度は、8人用のテーブルになりましたので

中心部分に脚がないため大変ひろく使用できます

脚もしっかりしているので今度は大丈夫です

木のことがわかるお客さんには大変好評のようですし

一般の人が見られた時には、値段を聞かれるそうです

これから長い間、活躍してくれることを期待しています。

ちはみに、お店は廿日市市大野ICの近くにありますので

興味のある人は、お好み焼きを食べにきてください。

11

もれなく、エコムクテーブルが見れます

以上です。

2013年7月 5日 (金)

店舗テーブル2

こんにちは

テーブルの続きをのせたいと思います。

テーブル脚の取り付けが終わり、かなりいい感じで仕上がっています

少し持ってみたのですが、かなりの重量がありました

やはり、ムクの横ハギ材ということもあり質感はすごくいいです

Photo

後は、全体を仕上げて塗装を致します。

塗装は、自然塗料 リボスのクリアー色を塗る予定です。

次回は、塗装作業の写真を載せたいと思います。

2013年7月 2日 (火)

店舗テーブル

こんにちは

久しぶりにブログを更新いたします。(申し訳ありません)

今日は、私の母親がやっているお好み焼き屋のテーブルを弊社で製作しますので

紹介したいと思います。

現在、4人テーブルをふたつ並べて使用していますが、脚の部分がぐらつくため

新たに購入しようと考えておりました。そこで、どうせならいいもので永年つかいたい

と思い、弊社オリジナル商品 エコムクで製作することに決めました。

製作から納材までの写真を載せてみます

材質はホワイトオーク無垢 ラミナピッチは90巾ぐらいです。

テーブルの長さは2400㎜、巾は750㎜です。

Photo

Photo_2  

無垢材の並びも、杢目をみて調整しました。

Photo_3

Photo_4

工場を確認したところ、現在この状態でしたので

次の更新に組み上げした写真を載せたいと思います

2013年4月23日 (火)

タモムクテーブル

こんにちは

先日お客様より依頼いただきましたタモムクテーブルの紹介です。

今回は、お客様の要望により、柾目のムク板が希望とのことでしたが

ムクの柾目で 1800x600サイズのものが見つかりませんでしたので

タモ柾目3枚横継ぎで提案してOKいただきました。

まずは、ムク板の手配

Photo

Photo_4

いいものが手配できました

Photo_5

Photo_6

横継ぎしていい商品になりました。

次は塗装です   

Photo_7

ウレタンクリアー 全艶消しで仕上げました。

Photo_8

自然塗料でも綺麗に仕上がりますが今回はお客様の希望により

ウレタン塗装にしました。

大変いい感じに仕上がりました

後は、テーブルと脚を金物で取り付けて完成です。

お客様に 喜んでいただければうれしいですが

機会があれば現場に見学にいってきます。

2013年2月21日 (木)

杉無垢材

こんにちは

今日は、杉無垢材の施工写真をのせてみます。

Photo

 杉浮造りフローリング 

4000x15x135 ・ 4000x35x135(エンドマッチ無し)を扱っております。

杉の木目の特性を活かした浮造りの加工は適度に足裏を刺激するので非常に

気持ちよく、また滑りにくいので小さなお子様や御年配の方にも安心です。

Photo_2

 杉節有りカウンター

150巾ぐらいの無垢板を横ハギしています。

見た目も非常に綺麗です。(柾目の横ハギ材もございます)

Photo_4

 杉節有り階段

部材の手配からプレカットまで承ります。

※材料はよく乾燥しております

Photo_6

Photo_8

杉は吸放湿性のも優れ、快適で気持ち安らぐ空間になります。

ぜひ、自然素材をご利用の際はヒロシュウまでご連絡ください

2013年2月12日 (火)

テーブルの天板 (エコムク)

こんにちは

今日は、先日注文いただきました

エコムク ホワイトオーク テーブル天板の写真を載せています。

Photo

サイズは 長さ 2700㎜  厚30㎜ 巾900です。

Photo_2

すごく大きくて重たいです

Photo_3

いい感じで仕上がっています。

 ホワイトオークについて

●科目

ブナ科の落葉広葉樹。環孔材。

●産地

北米大陸一帯に広く分布。中でもアメリカ東部やカナダに多い。

●色調

材が白色に近いためホワイトオークと呼ばれる。辺材は淡黄白色で

心材は淡黄褐色。柾目面にシルバーグレイン(虎斑・とらふ)が現れる。

●性質

一般に木埋は通直である。材は重硬で強靱。

 エコムクについて (ヒロシュウ オリジナル商品)

エコムクとは縦方向にムク材の一本物を使用し、横方向にのみ

接着した集成材のことです。一般的な集成材はフィンガージョイント

と呼ばれる縦方向の継ぎ目がありますが、エコムクはムク材を横方向

に接着しただけなので、縦方向に継ぎ目のない美しい仕上がりが特徴です。

ラミナピッチは25~30ぐらいで、極力平面に柾目がでるように加工しています。

種類も多数揃えております

ホワイトオークは、弊社の工場で比較的よくでていますので材料もかなりもっています。

造作材、カウンターなど製作できますので、何かございましたらお気軽にご連絡ください

注文お待ちしております。

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ